FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税務調査の際の減価償却資産の注意点を教えて下さい。

2012.09.24.Mon
税務調査の際の減価消却資産の注意点についてまとめておきます。

減価償却資産は、基本的には、法定耐用年数に従って償却していけば問題ないのですが、

ものによっては、「耐用年数省令」によって判定の判断がつきづらいものもあります。

その際は、顧問税理士に相談して耐用年数を決定してください。

保守的に判断する場合と積極的に償却していく判断がありますが、

あまり積極的に判断していく判断はお勧めできません。

キチンと根拠を出せる場合は構わないと思います。

他の注意点としては、有姿除却を行う場合には、

今度使用する可能性が全くないことを立証することが必要です。

もう手元にない場合は構いませんが、手元に残っている場合は、

注意しましょう。


税務調査でお困りの方は、一度ご覧くださいませ。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。