スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【期ずれ】とはなんですか?

2012.09.19.Wed
今回は、よく質問のある【期ずれ】について説明いたします。

一言でいうと、

本来、今期に計上されていなければならない売り上げや仕入れ、経費などが翌期にずれ込んで計上されていることや、翌期に計上されるべきものが、今期に計上されているようなケースを言います。

税務調査においては、売上に見合った仕入もしくは仕入に見合った売上でなければおかしいという指摘が行われます。会社側としては、毎期毎期決まったルールに従って会計処理していけば問題はありません。通常、税務調査の際には、三期分程度比較して調査を行われますので毎期毎期決まったルールで会計処理を行ってください。


税務調査でお困りの方は、一度ご覧くださいませ。

税務調査対象企業の抽出企業とは?また、実地調査で不正割合の発見の多い業種は?

2012.09.17.Mon
税務調査対象企業の抽出企業は、主に、以下の要件になります。

・内部告発による調査

・周期ごとの調査

・週刊誌の記事やインターネット上での記事などの噂

・重点調査業種の調査

・業績の急激な変化

などになります。

実地調査で不正割合の発見の多い業種としては、統計がとられています。

① バー・クラブ
② パチンコ
③ 廃棄物処理
④ 再生資源卸売
⑤ 自動車・自転車卸売業
⑥ 土木工事

となっています。

今回、あげたものが絶対なものではありませんが、

一つの目安としてお考えください。


税務調査でお困りの方は、一度ご覧くださいませ。

脱税と節税の違いを教えて下さい。

2012.09.15.Sat
まず、定義としては、

節税…法律の範囲内で適正に税金を少なくすること

脱税…法律の範囲を逸脱して不正に税金を少なくすること

です。

結果としては、双方とも税金を少なくすることができます。

脱税をするとのちに処罰を受ける可能性があります。

しかし、節税をして税金を少なくしたからと言って、税務署から処罰を受けることはありません。

節税は、納税者に認められた正当な権利です。

具体的に様々なものがありますので、今後色々と紹介していきたいと思います。

税務調査でお困りの方は、一度ご覧くださいませ。

税務調査の対象となる会社はどんな会社ですか?

2012.09.11.Tue
基本的な考え方としては、税務調査は、すべての会社にきます。

しかし、税務署にも限界がありますので、周期的に行ったり、それなりの理由がある場合が考えられます。

それでは、どのような法人を対象にしているかというと以下の会社などが考えられます。

・事業開始後3年程度が経過した会社

・一般的に脱税等が多いと考えられている会社

・自己否認している使途不明金の多い会社

・過去に不正経理が行われた経緯がある会社

・業績がよく黒字が続いている会社

・大きな取引のあった会社

・特定取引先への依存度が高い会社

・利益率・人件費率などが過去に比べて大幅に変わった会社

などがあげられます。


税務調査でお困りの方は、一度ご覧くださいませ。

税務調査の際に準備しておく書類はありますか?

2012.09.10.Mon
売上・仕入関係の書類、会社の資料関係全般、給与関係の書類を準備して下さい。

主なものとして、売上・仕入関係は、総勘定元帳、現金預金出納帳、預金通帳、入出金伝票、見積書、納品書、請求書、領収書、棚卸表、小切手控などがあげれます。

会社の資料関係全般は、契約書、賃貸借契約書、議事録、稟議書などがあげれます。

給与関係は、給与台帳、扶養控除申告書、タイムカードなどがあげれます。

実際に色々と会社の事について様々なことを聞かれますので、出来る限り対応できるようにしておいてください。もし、その場で準備できない場合は後日準備して渡す旨を伝えてください。


税務調査でお困りの方は、一度ご覧くださいませ。
« Prev | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。